24

Penguin's Cafe
『想い出のカフェ』

 ♪カラ〜ン
 耳に心地好い、鈴の音が店先にまで届いた。
『いらっしゃいませ』
 一歩入ると、マスターの低音が店内に響いた。

 沢田凪は、約束していた場所への道を間違えたようだと気付いた。
 普段なら、単に引き返せばいいと思っただろう。
 しかし、それはできなかった。
 何故なら、そこには想い出のなかにある名前と同じカフェがあったから――。

 凪の記憶から、二年前の出来事が引き出された。
 北の街。
 雪国の、鈍色(にびいろ)の空は今にも雪が舞いそうな雰囲気だった。
 そこで入ったのが、ペンギンズカフェという小さいけれど、垢抜けたオシャレな店だった。
 Penguin's Cafe.
 この店の前には、カタカナではなくアルファベットで同じ名が刻んであった。

「あの、ちょっといいですか」
 凪は、カウンターの中にいるイケメンマスターに声をかけた。
「はい。お待ち下さい」
 彼の声がそう言うのを聞き、
「あ。違うんです。注文じゃなくて」
 そう言った時には、マスターは凪のテーブルの脇に立っていた。

「何でもいいですよ。お話があるんですよね」
 店は混んでいた。
 凪は聞きたいことを聞いてしまおうと、話し始めた。
「こちらのお店はチェーン店なんですか」
 一瞬、マスターの眉が動き次に、それは見事な笑みに変わった。
「何処かで、ペンギンズカフェに出会われましたか」

 凪は頷いた。
 あの北の街に在った、女主人の淹れてくれた美味しい珈琲の話をした。
「そのお店も、ペンギンズカフェって名前だったんです」
 マスターは、静かに頷いた。
 そして向かい側に座ると顔を寄せ、小さな声で話してくれた。
「ペンギンズカフェはチェーン店ではありません。ただ本店のオーナーの気持ちに賛同する者たちが、様々な場所でそれぞれのお店をオープンさせているんです。不思議なお店たちです」
 そこで彼は、一枚の写真を胸ポケットから取り出した。
 そこには人だけではない、不思議な空間が写っていた。ただ後ろに写るのは、確かに入ってきたこの店の前だ。
「お客様が、そのお店に入ることができたのなら、きっと貴男にとっての運命の歯車が動き出したのでしょう」
 彼は、そう残してカウンターへと戻っていった。

 凪は、綺麗な青い花のカップを手に取った。
 純粋に、紅茶だけの香りが凪自身までを取り巻くように香る。
 運命の歯車。
 そうなのかもしれない。
 あの店で待ちぼうけをくわされて、凪は一人で珈琲を飲んだ。美味しくて、待っている時間を忘れさせてくれるような、砂糖を入れていないのに、甘く感じる珈琲だった。
 そして待ちぼうけをくった彼女、原口沙柚と三度出逢ったのは、珍しく降った雪が残る春を待つ街だった――。

 雪で新幹線が止まり、駅で遭遇したのだ。
 凪には決めていたことがあった。
 もしも…
 もしも、もう一度出逢うことがあったなら、何を聞くよりも先にプロポーズしようと。

 そんな物思いに耽っていると、扉の鈴が鳴った。
 顔を上げる。
 マスターの『いらっしゃいませ』という言葉に微笑みを向けた後、彼女はこちらを向く。
 そして今度は真っ直ぐ歩いてきて、さっきまでマスターのいた場所に座る。
「ここもペンギンズカフェって言うのね」
 凪の飲む紅茶を見て、同じものを頼んだ後、彼女はそう言った。
「急に待ち合わせ場所変更なんてメールくるから、焦っちゃった。迷子にならなくて、よかった」
「あゝ あとで面白い話、聞かせてやるよ」
 凪のその言葉に、沙柚はいつものように黙って頷いた。

 このPenguin's Cafeに、新しい常連さんができるようだとマスターは胸に仕舞った写真に手を添え思うのだった――。
【了】

著作:紫草

back 『Penguin's Cafe』テーブル next
*NicottoTown サークル「自作小説倶楽部」より 小題3部作
『誰が降らせた、この雪を』 『そして静かに、雪は降り積む』 『終わらない、旅』 番外編
inserted by FC2 system