next

『ラブシーン』 T

 小さな街灯。
 誰もいない公園を、右手に見ながら行き過ぎる。
 彼は黙って歩くだけ。
 公園のことなど気付かぬように。私のことなど、気付かぬように。
 私には、その歩みは速過ぎる。

(今日の映画、楽しかったね)

 そう声を掛けたいのに、ついて行くだけで精一杯。
 何を考えているの?
 私のこと、忘れたの?
 もう駄目、もう追いつけない。

 彼の背中を追うのを止めた。
 ふたりの距離が離れてゆく、どんどん、どんどん…

 私は、さっきの公園に戻ってみた。
 夜の公園。
 入り口に小さな街灯がひとつあるだけ。
 いくつか置いてある、ベンチのひとつへと腰をおろす。

 今日は一ヶ月振りのデートだったのに。映画も楽しかったのに。
 どうして最后は、こうなるの?

 いつから不機嫌だったのだろう。
 そんな素振りはなかったのに。

 ぼんやりと、ただ、ぼんやりと時が流れてゆく。
 私のいないこと、まだ気付いていないのか。
 それとも、もう帰ってしまったのか。
 私の携帯は静かなままだ。

 涙が頬を伝って、流れた――。

 はっと気付くと、目の前に彼がいた。
 驚きすぎて、言葉が出ない。
 叱られる。怒鳴られる。
 思わず、ギュっと瞳を閉じる。

 でも、彼は何も云わない。
 近くにいるのは分かるけど、瞳を開く勇気はない。
 両手で顔を覆っていると、彼が、その手に手を掛ける。

 ゆっくりと瞳を開く。
 彼は優しく微笑んでいた。

 かけていた眼鏡を外し、胸ポケットに挿す。
 そして、ゆっくりと、ゆっくりと近づいてくる、彼の顔・・
 私は…、そっと瞳を閉じた――。
【了】

著作:紫草

short-List next
inserted by FC2 system